共同開発契約セミナー:2014年3月14日(金)14時~

こんにちは!!

【CASE1】

新製品を他社(A社)と共同開発し、その特許権を共有することになりました。

自社も特許権者であり、A社とは他業種のB社であれば、A社の売り上げに影響もなく、この特許権を利用した製品をB社に販売したいと考えています。大丈夫でしょうか?

【CASE2】

新製品(部品)を開発し、得意先であるA社(セットメーカー)に相談したところ、その製品を採用するので、共同で特許出願しませんか?と提案されました。自社のこの新製品を用いたビジネス上、どのような対応が良いでしょうか?

等々、日々のビジネスの中で、難しい判断が求められるケースも多々あるものと考えます。

最後は、プロジェクトリーダー(経営TOP)の判断になるかと思いますが、判断(契約)による影響(デメリット等)を理解して判断を行うことで、少しでも自社に有利な対応も可能になると考えます。

セミナーでは、具体例を用いながら分かり易く説明したく考えています。

セミナーにご興味のある方は、弊所まで申し込みのご連絡をお願い致します。

以上です。

Scroll Up