8月 19

医療系樹脂製品(1)

こんにちは!!

今回は、医療分野において、樹脂を用いた部品や製品に関する特許解析データを抽出してみました!

尚、以下の特許解析データは、弊所の独自の観点により解析したデータであり、その結果を何ら保障するものではありませんので、ご注意下さい。

下記マップはサンプルです。

詳細なマップデータに関しましては、お手数ですが、弊所までお問い合わせ下さい!!!

 

先ずは、各企業のこの技術分野への参入時期や現状を示すマップです。

尚、出願件数が、10件以上の企業に絞り、且つ、出願時期の早い企業から10社のみを表示しています。

テルモ社が、1982年以降、継続して特許出願を行っており、自社製品を特許により保護しながら、他社との競争力を維持しているものと推測されます。

最近、自動車メーカー等との取引の中で培った技術を活かして医療分野へ進出する話題を聞きますが、新規分野に進出する際には、対象製品の先行他社の特許権利化状況を把握し、特許侵害とならない製品を供給する注意が必要であると考えられます。

そこで、2010年以降、この樹脂製品の分野にて、テルモ社がどんな特許出願を行っているのか、上記マップにリンクしているデータの一部を確認しました!

テルモ社特許出願

この樹脂製品の分野では、医療用バッグを中心に特許出願が行われ、審査請求も行っており、今後、これらの特許出願が、どのような権利範囲にて特許が成立するか、同様な製品の製造販売を検討されている方は、定期的な観察が必要であると考えられます。

以上です。

Scroll Up