長野県 中小企業外国出願支援事業 助成金

こんにちは!!

本日は、長野県での<中小企業外国出願支援事業(助成金)>の紹介です。

長野県では、優れた技術や製品等を有し、かつ、それらを海外において戦略的に広く活用しようとする長野県内中小企業者が行う外国への特許出願等を支援するため、出願に要する経費の一部を助成する制度を行っています。

具体的には、長野県内に主たる事業所を有する中小企業者が対象であり、外国特許庁への特許、意匠、商標出願が対象となります。そして、当事業への申請段階において、日本国特許庁に特許(PCT出願を含む)、意匠、商標出願を行っており、交付決定日以降、平成25年1月末日までに外国特許庁への出願または指定国への国内移行が完了することが条件となります。

また、助成対象経費には、外国特許庁への出願手数料、現地代理人経費、国内代理人経費、翻訳費用等が含まれます。そして、助成率は、助成対象経費の1/2以内、1テーマあたりの助成限度額は、特許100万円以下、意匠・商標は50万円以下となっています。

尚、長野県では、企業の選定にあたっては、長野県ものづくり産業振興戦略プランに掲げる<健康・医療>、<環境・エネルギー>、<次世代交通>分野に関連する特許等については、優先的に採択(審査で加点)するとの事です。

以上です。

Scroll Up