7月 09

3Dプリンタ (1)

こんにちは!!

日本経済新聞社の下記記事を見て、3Dプリンターに関する解析データの一部を掲載します!!

次世代3Dプリンター開発、産官学で

尚、以下の特許解析データは、弊所の独自の観点により解析したデータであり、その結果を何ら保障するものではありませんので、ご注意下さい。

 

下記マップはサンプルです。

詳細なマップデータに関しましては、お手数ですが、弊所までお問い合わせ下さい!!!

 

先ずは、出願人別の出願件数ランキングを示すマップです。

3Dプリンター(出願件数)スリーディーシステムズ社(米国)とパナソニックGr(日本)が出願件数の首位となっています。この3Dプリンタの技術分野では、外国企業による特許出願、権利化が多く見られます。

 

次に、スリーディーシステムズ社(米国)とパナソニックGr(日本)との技術分野を対比するマップです。

3Dプリンター(技術対比)パナソニックGrでは、<粉末>や<焼結>や<無加圧成型>の技術分野にて多数の特許出願が行われ、金属粉を用いた粉末造形に技術的な強みを有していると推測されます。

一方、スリーディーシステムズ社(米国)では、<光硬化によるもの(エネルギー)>や<エネルギー線硬化性樹脂>の技術分野にて多数の特許出願が行われ、光造形に技術的な強みを有していると推測されます。尚、HPでは、様々な機種に対応しているとの事です。

最後に、上記データにリンクした公開公報の開示は省略しますが、この技術分野への進出を検討されている場合には、これらの先行企業の特許調査は必要であると考えられます。

以上です。

 

Scroll Up